ベトベト換気扇の掃除は重曹とセスキ炭酸ソーダで簡単

年末が近づいてくると、考えただけでも嫌になる換気扇の掃除です。
まぁ、年末に限らず換気扇の掃除は、いつでもついつい先延ばしに
なりがちですね。


kankisen (1).JPG
ふと見上げると、こんなに汚れていた換気扇。
重曹できれいになるので挑戦、いつもの洗剤は
お休みいただきました。


見るに堪えない汚れですが、これでも年に3~4回は
掃除してるのです。
ベトベトの換気扇のため、夏場の虫がたくさんついています。
見るのも触るのも嫌になるほどですね。


サイトを調べていると、重曹水を作ってその中に一晩つけておくと
簡単に汚れが落ちる・・・との情報もありましたが、
私の場合時間がかかるとさらに面倒になるので、一気に掃除
したい性格です。


重曹の使い方を見てみると、換気扇の掃除には重曹を汚れに
ふりかけてこする・・・とあったので、その方法で試してみました。


動画で見たとおり、結果簡単に汚れを取ることができました。固形化した油は
セスキを振りかけてスポンジでこすると、簡単に取り除くこともできました。
kankisen (3).JPG

juso (1).JPG

juso (2).JPG

重曹は食品にも使われるものですから、食べ物を使う台所の換気扇でも安心して
使えそうです。また価格も安く手に入ります。

kankisen (4).JPG

ずぼら主婦でも、きれいになるのはとても気持ちのいいものです。



スポンサードリンク



Page Top ▲

なま生姜の保存期間を長くする方法

私は生姜が大好きです。料理の薬味として
欠かすことのできない食材ですね。


大好きな食材生姜ですが、難点は冷蔵庫の
長期保存がしずらく、油断するとヌルヌルと
ヌメリが出たり、乾燥してシワシワになったりしますね。


いくら好きでも、すべての料理に入れるわけでもなく
使いたいときには傷んでいた・・・ということも
しばしばです。


そんな生姜ですが、なまの生姜を長期保存するには、
水の中に入れて保存しましょう。


DSCN1296_39_R.JPG

何となく、腐っちゃいそうですがこれまでの方法で
一番効果がありました。


我が家では、何となくのどが痛い?風邪ひきかけかな?
というときは、冷蔵庫の中の野菜をなんでも
みじん切りにして、おじやというかおかゆというかを作ります。


食べる際、たっぷりのすりおろし生姜を混ぜて
食べるのですが、体が温まって手や足の指先が、
ポカポカと温まってくるのが分かります。


食べているときも汗ばむほどですから、
いかに発汗作用があるかわかります。


生姜やニンニクはセットで使われることも多く、
積極的に使いたい食材です。



スポンサードリンク



Page Top ▲

油を床にこぼしたら小麦粉で対処する

こんなブログを作っていたら、偶然キッチンの床に
油をこぼしてしまいました(本当に今さっき、偶然です^^)


どこかに対処法があるはず・・・と調べたところ、
ありました。油の部分に小麦粉を振りかけてみてください。


【動画】油を床にこぼしたら小麦粉で対処する方法

油の部分に、小麦粉を振りかけるだけ。
小麦粉は油に簡単にはなじんでくれませんが、
ちょっと指先で混ぜると、簡単に混ざってくれます。


指先にも油分は付きませんから、せっけんで手を洗う
必要もないうえしかも、床にも油分は残りませんでした。


知恵袋には「その後、洗剤で洗います」とありましたが、
実験の結果、その必要もありませんでした。


動画にはありませんが、小麦粉をちりとりでとって終了です。
うれしい失敗の末の結果でした。



スポンサードリンク



Page Top ▲

トイレの掃除にはトイレットペーパー湿布法が効果的

♪トイレには~~それはそれはきれいな~~~
女神様が~~~いるんやで~~~♪なんて歌も
ありました。


トイレをきれいにすると金運に恵まれる・・・という方も
とても多いですよね。


でも、ついつい先延ばしにしてしまうのがトイレ掃除。


便器に付いた輪ジミ汚れや、便器の縁の裏側に
こびりついた汚れは、なかなか落としづらいものですよね。


トイレの洗剤をつけたつもりでも、水の中に
流れてしまって何度も洗剤を振りかけた・・・
そんなこともよくあるようです。


それを回避させる方法です。


便器の内部にトイレットペーパーを張り付けて、
そこに洗剤を振りかけ
、2~30分後トイレ掃除の開始です。


一番のポイントは、洗剤をかける前に便器内部が
少し湿っている方がペーパーが張り付きやすくベスト。


しばらく使っていない状態でトイレットペーパーを貼っても、
ペラペラとはがれてくるからです。


そんな時は、一度水洗の水を流してから貼り付けて、
洗剤を振りかけるほうが、楽でいいですよ♪


ペーパー湿布で掃除法は、洗剤液が垂れてしまうときに
使える方法ですので、他の掃除にも積極的に使いたい
方法ですね。




スポンサードリンク



Page Top ▲

畳の黄ばみは抹茶で回復

畳に大の字に寝そべっていると、日本人に生まれてよかった・・・
と思うのは私だけでしょうか。


脚を思いきり伸ばせるのも、畳ならではの醍醐味です。


そんな日本人の生活様式に欠かせない畳ですが、
月日と共にどうしても黄ばんでくるものです。


畳の黄ばみが気になったらまず、酢で湿らせた
雑巾でふきあげると、とてもきれいになります。


ここで、抹茶の登場です。


抹茶を溶いた水をつけて拭き上げてみてください。
青さがよみがえります。


畳は、本来水を嫌うものですから、頻繁にすることなく。
年末の大掃除などにこの技を使うと、
気持ちよく新年を迎えることができそうですね。



スポンサードリンク



Page Top ▲