照り焼きチキンはレンジを使うと冷めても美味しい

照り焼きチキンは簡単ですが、冷めててしまうとどうしても
パサついてしまうのが難点ですね。
その解決方法は、レンジを使うことで簡単に解消されてしまうんです。


今までの私のつくり方だと、一口大に切った鶏肉をフライパンで
焼いてから味をつけて焼き上げていました。
この方法だと、どうしても旨みや肉汁が逃げ出してしまい
時間とともに肉が硬くなってしまうのだそうです。


TBSテレビ「この差って何でですか?」が好きで見てるんですが、
プロが教える「冷めても美味しい照り焼きチキンの作り方」を
ご紹介します。

鶏もも肉にお酒やみりんで味付けをしてしばらく放置する。
tikin (1).JPG

下味をつけたチキンにラップをかけて、電子レンジで2分ほどチンする。
tikin (2).JPG
極端に厚い部分があるときは、切り込みを入れるとさらにいいかもしれません。


醤油とみりんのタレを煮立たせたものに、片栗粉をまぶしたチキンを入れて
両面30秒程度フライパンで焼くだけです。

tikin (3).JPGtikin (4).JPG
すでに火が通っているので、両面短時間で完了です。
焼きあがったチキンを食べやすい大きさに切り分けます。


これでお弁当に入れても美味しい照り焼きチキンの完成です。
次の日早速お弁当で試したところ、本当に柔らかくて美味しいチキンでしたよ。
こどもや旦那さんに喜ばれること間違いなし、ぜひお試しくださいね。



スポンサードリンク



Page Top ▲

イカの皮を簡単にむく方法は酢をかける

料理でもイカの皮をむく機会は時々登場するものですが、皮がむけにくい
イカがあったりすると、意外と面倒で嫌になってしまいますよね。

これまでキッチンペーパーを使ってむくことが多かったのですが、
夏場などはペーパーの残りかすも匂いを発生したりして
すごく後悔したこともありました。


テレビ番組の「この差ってなんですか」で紹介されていた方法が
簡単だったので、ご紹介します。


どの家庭でもある調味料の酢をイカに振りかけることで、簡単に解決します。


実際試したところ、本当に簡単にむくことができ、さらには酢の効果か
手も生臭さから解放されました。


イカに酢を大さじ2杯程度振りかけて、3分待つだけ。
後は普段通りに、イカのエンペラをとってつかみやすいところから
皮をはいでください。





スポンサードリンク



Page Top ▲

しなびたレタスを元気に復活させる方法はお湯につける 

食事には野菜を多くとりたいもの。
料理に大活躍のレタスですが、冷蔵庫で保存すると、
しなびてしまい、元気がなくなったしまった・・・ということも
よくあること。


そんなときに、レタスを簡単に復活させて元気にする方法をお知らせします。


lettuce.JPG


我が家の場合は、ボイラーの温度設定が42度ぐらいに
なっているので、その温度のお湯を使っていますが、
50度ぐらいのお湯と書かれているものもあるようです。


余り熱いお湯に入れてしまうと、ゆでた状態になることも
あるので注意が必要ですが、少々熱めのお湯でも大丈夫です。


そのお湯の中に、レタスをしばらく入れておくだけと簡単な方法です。


レタスに限らず、葉物の野菜であればほとんどの野菜に
通用する方法なので、覚えておくととても便利ですよ。


もちろん新鮮なうちに使い切るのがよろしいですが、
しまった・・・捨てようか・・・と思う前に、一度お試しください。



スポンサードリンク



Page Top ▲

じゃがいもの芽が出るのを防ぐには、りんごと保存

秋の収穫時期、実家から大量にいただいたじゃがいも・・・
おいしいのはわかっているけど、毎日食べると
飽きてしまいそうだし、あっという間になくなるのも
惜しい気がします。


potato.JPG


我が家のアパートは狭く、野菜を保存するのに最適な場所も
確保できないため、あっという間にじゃがいもから
芽が出てしまいます。


暖かいから芽が出るのは仕方ありませんが、少しでも
長い期間保存する方法として、りんごと一緒に保存
する方法があります。


りんごから出るエチレンガスが、じゃがいもの芽の生育を
押さえてくれるのです。


じゃがいもの保存のためにりんごを買うというよりも、
りんごを買ったときに、じゃがいもと一緒に保存しておくだけで
じゃが芋の芽が出にくい・・・知っているだけで、生活に
役立てそうですね。


りんごが腐るまで入れることはせず、新しいのを買う際
古いものと順次交換すると、無駄にならなくて済みそうですね。



スポンサードリンク



Page Top ▲

大根の下茹でには米のとぎ汁を使う 

大根の煮物、日本人に生まれてよかったぁ・・・なんて思うのは
私だけでしょうか?


ぶり大根や、ふろふき大根、おでんに、切り干し大根などの
定番メニューをはじめ、大根おろしなどの簡単で、時短にもなる
料理もみのがせません。


今更の料理の知恵かもしれませんが、
大根の下茹でには、米のとぎ汁を使いましょう。


daikon.jpg


大根に含まれるジアスターゼと、米のとぎ汁のでんぷん質
で甘味成分になり、美味しさが増すのです。


米のとぎ汁で下茹でするとアクが取れ、白く仕上がり、
味の含みもよくなります。


米のとぎ汁がない場合は、ゆで汁に●少量の米 ●ぬか 
●片栗粉 ●小麦粉などを入れる方法も同様の効果が
得られるので、とっさで用意ができない時は、覚えておくと
便利な方法かもしれません。



スポンサードリンク



Page Top ▲