トップページ >料理の便利帖> 照り焼きチキンはレンジを使うと冷めても美味しい

照り焼きチキンはレンジを使うと冷めても美味しい

照り焼きチキンは簡単ですが、冷めててしまうとどうしても
パサついてしまうのが難点ですね。
その解決方法は、レンジを使うことで簡単に解消されてしまうんです。


今までの私のつくり方だと、一口大に切った鶏肉をフライパンで
焼いてから味をつけて焼き上げていました。
この方法だと、どうしても旨みや肉汁が逃げ出してしまい
時間とともに肉が硬くなってしまうのだそうです。


TBSテレビ「この差って何でですか?」が好きで見てるんですが、
プロが教える「冷めても美味しい照り焼きチキンの作り方」を
ご紹介します。

鶏もも肉にお酒やみりんで味付けをしてしばらく放置する。
tikin (1).JPG

下味をつけたチキンにラップをかけて、電子レンジで2分ほどチンする。
tikin (2).JPG
極端に厚い部分があるときは、切り込みを入れるとさらにいいかもしれません。


醤油とみりんのタレを煮立たせたものに、片栗粉をまぶしたチキンを入れて
両面30秒程度フライパンで焼くだけです。

tikin (3).JPGtikin (4).JPG
すでに火が通っているので、両面短時間で完了です。
焼きあがったチキンを食べやすい大きさに切り分けます。


これでお弁当に入れても美味しい照り焼きチキンの完成です。
次の日早速お弁当で試したところ、本当に柔らかくて美味しいチキンでしたよ。
こどもや旦那さんに喜ばれること間違いなし、ぜひお試しくださいね。



スポンサードリンク


Page Top ▲

最新記事