トップページ >生活の便利帖> シワのついお札をピン札に変えるには大根おろしを使う

シワのついお札をピン札に変えるには大根おろしを使う

年末年始、何かとお金が要りようの季節です。
特にお正月のお金の出費で大きいのがお年玉。お年玉を用意
しようと思ったとき、財布をのぞくとシワの寄ったお札しかない・・・
意外と思い起こすシーンが多いのではないでしょうか。

osatu (2).JPG


子供のころは、ピン札の入ったお年玉がとてもうれしかった記憶があります。


また、年末年始は銀行がお休みということも多く、泣く泣くシワの寄ったお札を
お年玉袋へ...これを回避するための方法として、お札をピン札のように変える方法を
ご紹介します。

大根おろしをキッチンペーパーにくるみ、シワのついたお札に大根のしぼり汁を
丁寧にお札の両面に塗って、100度程の低温でアイロンをかけます。
その時にホログラムと呼ばれるキラキラの部分はアイロンを避けましょう。

osatu (1).JPG

お札には強度を増すためにデンプンが塗られていて、大根の搾り汁の消化酵素と
水分でデンプンが柔らかくなり、アイロンで熱を加えることで、お札がまた固く
なるのだそうです。


お年玉に限らず、ご祝儀袋で急に新札が必要になった時の非常手段として、
覚えておいて損はないでしょうね。

osatu (3).JPG



スポンサードリンク


Page Top ▲

最新記事